ニュース
» 2013年04月25日 18時05分 UPDATE

不幸を引き寄せてしまう人の特徴

自分の思い込みによって不幸を引き寄せてしまう人の特徴を、書籍『一瞬で魔法使いになる方法。』から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 仕事も恋愛も何もかもがうまくいかない。自分は結局こういう運命なんだ……。そんなふうに思ってしまうことはないでしょうか。こういうときは、往々にして、なぜか悪いことばかりが起こるものです。

 しかし、本当にそうなのでしょうか? その「悪いこと」の根本を探っていくと、まったく変わった顔が見えてくるかもしれません。ここでは、『一瞬で魔法使いになる方法。』(ハウル沢田/著、サンマーク出版/刊)から、不幸を引き寄せてしまう人の特徴を紹介します。

自分は“悲劇のヒロイン”?

fhfigs265.jpg 不幸を引き寄せてしまう人の特徴

 不幸を引き寄せてしまう人は、大なり小なり不幸が起きたとき「やはり自分はこういう運命なんだ」と思い込む傾向があります。周囲にいる人はあなたの変化に気づき、優しい声や心配する声をかけてくれます。そう、あなたは不幸によって人気者になるのです。

 著者のハウル沢田さんは、「その不幸は自作自演かもしれません」と読者に訴えます。周囲から認めてもらうために悲劇のヒロインのふりをする。しあわせになりたいといいながらも、実は、不幸でいることによる居心地の良さに浸っている可能性があります。つまり、不幸をどんどん引き寄せていくのです。

不幸なしでは生きられなくなる

 しかし、それが重症化してくると、だんだん不幸のパターンから外れることにすら恐怖心を抱いてしまうことがあります。うまくいきそうになっても、「自分にはもったいない」といって、幸福を自ら手放してしまうのです。

 例えば、問題のある男性とばかり付き合っている女性は、最初から素敵な男性を見つけることをあきらめてしまっている可能性があります。そして、「自分のつきあう人はいつもこんな人」というその言葉が、それを現実化させてしまっているのです。

思い込みや偏見から抜け出すことが第一歩

 しかし、「わたしが付き合う男はダメンズばかり」「自分は幸せになれない」というのは、ただの思い込みに過ぎません。「出逢いがない」というのも実は出逢いの場に理想を持ちすぎて、自分なりに制限しているからなのです。

 思い込みや偏見でできたシャボン玉の中から自分を解放して、外に出ることが不幸のループを抜け出す第一歩。昔からこうだったから今もそう、と思っていると未来も同じ通りになっていきます。未来を変えるために、今を変える必要があるのです。

 本書のテーマは“「過去」を手ばなす”こと。「思考は現実化する」という言葉は多くの人に知られていると思いますが、間違った使い方をしてしまえば、不幸をどんどん引き寄せてしまう人間にもなれてしまうのです。よりよい人生を送るために、自分の思考に偏見や思い込みが紛れていないか、確認してみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる