ニュース
» 2013年04月15日 16時23分 UPDATE

出版業界ニュースフラッシュ 2013年4月第2週

出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。4月第2週は、村上春樹氏の新刊発売、「小林秀雄 最後の日々」を特集した新潮社『考える人』の重版状況などが話題になりました。

[新文化通信社]
新文化通信社

第10回本屋大賞『海賊とよばれた男』、100万部に

 講談社は4月11、12日の両日、上下巻合わせて20万部(22刷)の増刷を決定し、計100万部を突破した。初版は各3万部だったが、4月9日に本屋大賞受賞をうけ32万部の増刷を行っていた。

 上巻52万1000部、下巻47万9000部。

村上春樹氏の新刊発売、代官山蔦屋書店などで行列

 4月12日、村上春樹氏の新刊『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)が刊行され、深夜0時から販売を開始した書店では行列ができた。

 代官山蔦屋書店では140人以上が列をなし、2時間で300冊超を販売。同店では、前日午後11時から福田和也氏を招いたカウントダウンイベントも行われ、熱気に包まれた。

 山下書店渋谷南口店でも、同0時前から15人ほどの行列ができ、午前9時半までに初回仕入分140冊が完売した。三省堂書店神保町本店は、開店時間を3時間早め、午前7時から来店客に対応。正面入り口には「タワー積み」で陳列した。午後2時時点で700冊売れたことを受け、500冊を追加注文した。

tnfigso1.jpg 30社のマスコミが詰めかけた代官山蔦屋書店
tnfigso2.jpg 200冊を使って作られた三省堂書店神保町本店のタワー積み

新潮社「考える人」、11年ぶり重版は19日搬入

 品切れ店が続出していた季刊誌『考える人』2013年春号の重版6000部が、4月19日取次に搬入される。没後30年を機に「小林秀雄 最後の日々」を特集した同号。河上徹太郎と対談をCDにして付け、初版2万部がほぼ完売。読者の反響は高かったが、重版はCD作成に時間を要していた。

Copyright 2015 新文化通信社 All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる