ニュース
» 2013年04月15日 16時00分 UPDATE

韓国内で電子書籍の値下げ合戦、教保文庫の定額制サービスが導火線に

韓国では書店チェーン最大手の教保文庫による電子書籍の定額制サービスの開始以降、値下げ競争が激化している。

[hon.jp]
hon.jp

 米国の海外ニュースサイト「Global Post」によると、韓国の書店チェーン最大手Kyobo Book Center(教保文庫)が2月から開始した電子書籍の月定額サービス「sam」が引き金となり、韓国内の電子書籍ベンダーの間で値下げ戦争が始まっているという。

 samは年間会員制のサービスで、月額1万5000ウォン(約1300円)で最大5冊まで並行レンタルできるなど複数種類のプランが用意されている。サービス開始当初から、現地の出版社団体KPAから即座に中止するよう猛反発を受けているが、協議が始まる前にYES24やAladdinの大手電子書籍販売サイトがダンピング応酬を始め、もはや止まらない状況になっている模様。

 記事によると、韓国内における紙書籍の刷部数が、昨年12年ぶりに1億部を割り込んだとのこと。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる