ニュース
» 2013年04月10日 13時52分 UPDATE

Barnes & Noble、個人出版サービス「NOOK Press」発表

Barnes & Nobleの子会社NOOK Mediaが個人出版サービス「NOOK Press」を発表。カスタマーサポートに当たる「Live Chat」機能などが注目される。

[西尾泰三,ITmedia]

 米書店チェーン最大手Barnes & Nobleの子会社NOOK Mediaは4月9日(現地時間)、個人出版サービス「NOOK Press」を発表した。米国在住者が利用可能。

 NOOK Pressは、Barnes & Nobleが2010年10月に公開した個人出版プラットフォーム「PubIt!」をベースに、同種のプラットフォームを提供している米FastPencil協力の下、オンラインエディタなどサービスのブラッシュアップを図ったもの。今後、共同編集機能の提供も予定されている。EPUB 2でのパブリッシュが想定されており、ビデオの埋め込みなどインタラクティブな要素はサポートされていない。

 制作した作品は米国、英国で販売でき、同社のレンタルサービス「Lend Me」(Amazon kindleでいうKDPセレクト)にも並べられる。DRMの有無は著者が選択可能。価格は0.99〜199.99ドルの範囲で設定でき、販売価格を2.99〜9.99ドルに設定した場合の著者ロイヤリティーは65%、2.98ドル以下または10.00ドル以上の場合は40%となる。

 特徴的なのは、カスタマーサポートに当たる「Live Chat」機能が用意されている点。制作で不明な点はここでサポートを受けられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる