ニュース
» 2013年04月02日 16時28分 UPDATE

相手と信頼関係を作る3つの話し方

いい人間関係は、話し方を意識することで作ることができます。その方法を書籍『パワートーク 一瞬で人生を変える3つの話し方』より紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 どんな環境であれ、「いい人間関係を作れているか」ということは、そこで快適に過ごせるかどうかの大きなポイントです。

 人間関係がうまくいっていない職場は居心地の悪いものですし、それは学校や家庭でも同じでしょう。『パワートーク 一瞬で人生を変える3つの話し方』(井口晃/著、ソフトバンク クリエイティブ/刊)は、いかに良好な人間関係を築くかにフォーカスし、そのための話し方を教えてくれます。

相手との「共通点」を探す

 いい人間関係を作っていくためには、まずはお互いが緊張せずにリラックスして話せる間柄になる必要があります。

 人がリラックスできるのは、自分と似た考えを持った人や、自分と同じものを持っている人と話している時ですから、相手と自分の共通点を見出して、それを話題にすることで相手との距離は近づくはずです。

「あなたの話を聞いている」ことをアピールする

 自分が話している時に相手が気のない素振りをしていたり、いい加減な相づちを打っていると、気持ちが白けてしまうものです。これでは相手と親しい関係を築くことはできません。

 話を聞いていることが相手にきちんと伝わってこそ、相手は気持ちよく話をすることができます。そのためには、相手の話がポイントに来たところで、相手の目を見てアイコンタクトを送ってみたり、相手の態度や話の内容から、彼の過去や経験などのバックグラウンドに思いをはせてみることが必要になります。

心としぐさの一致が信頼感を生む

fhfigsj210.jpg 相手と信頼関係を作る3つの話し方

 人と人の会話において、最も印象に残るのは、話の内容や言葉づかいではなく「身体の使い方」、つまりボディランゲージだと井口さんは言います。

 では、どのように身体を使えばいいのでしょうか。大きな条件は、「感情」と「思考」と「言動」に矛盾しないこと。悲しい気分の時にスキップをするとちぐはぐに映るように、言動や感情と身振りが一致していないと相手からの信頼は得られません。

 ただし、これが正解というものがないのもボディランゲージなので、映画やドラマで俳優たちの身振り手振りを研究してみるといいかもしれません。

 話し方を変えることで、人生は劇的に変わります。今回紹介したものの他にも、本書には自分が変わり、他人を動かす会話力の磨き方が多数取り上げられており、対人関係に悩む人や人脈を作りたいのにうまくいかない人の強い味方となってくれるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる