ニュース
» 2013年03月18日 15時47分 UPDATE

「がんばり」「努力」では幸せになれない理由

素人の状態から居酒屋を始め、今では10店舗を構えるチェーン展開を成功させている著者の成功の秘訣を紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 成功にも失敗にも要因があります。何かに成功した人からその要因を聞けば参考にできますし、失敗も同様に学ぶものがあります。

fhfigsj183.jpg 「がんばり」「努力」では幸せになれない理由

 『あほな奴ほど成功する――みんな! 幸せと仲良くなろうよ。』(星湖舎/刊)の著者、中村文也さんが居酒屋を始めた時、接客こそできたものの、料理はまったくの素人だったそう。そのせいか、オープンしてしばらくはクレームの嵐でした。

 しかし、中村さんのお店は大繁盛、今では名古屋を中心に10店舗を構えるチェーン展開を成功させています。同氏が成功した要因とはいったい何だったのでしょうか。

常に素直であること

 中村さんが成功した要因で最も大きいのは「素直」だったことです。

 前述の通り、料理ができなかったためお客さんからクレームを受けたり、しかられたりしていましたが、お客さんに「もっと旨い魚を置け!」と怒られたら、「何を置けばいいですか?」と聞いて、それを次の日には仕入れていたそう。

 お客さんに満足してもらえるお店を作るためにはとことん素直になって、どんな人にでも教えを請う姿勢は、どんな仕事でも大事なのではないでしょうか。

がんばらない、努力しない

 人生は厳しく苦しいものだからがんばって努力しないと幸せになれない、という価値観が日本には根強くあります。しかし、中村さんはがんばったり、努力するのではなく、楽しまないと幸せになれないといいます。

 自分が心底わくわくすることなら、それをどんなにやっても「がんばっている」「努力している」とは思わないはず。それまで就いたどんな職業も長続きしなかった中村さんですが、「接客=お客さんを喜ばせること」だけは天職だと感じているそう。

 同氏の今の成功は努力の先にあったのではなく、自分の好きな「お客さんを喜ばせること」をわくわくしながらやり続けた結果なのです。

常にいい気分でいる

 いいことが起きる時は、自分の気分もいいものです。不機嫌な時にいいことは起こらないと中村さんは言います。

 だとしたら、いつもいい気分でいるようにした方が、いいことが起こるといえるのではないでしょうか。自分で自分を上機嫌にできるというのも、成功する人の条件なのかもしれませんね。

約束に大小をつけない

 約束には絶対に破ってはいけない「大きなもの」から、日常のささいな申し合わせのような「小さなもの」まであります。普通の人はこれらに優先順位をつけて大きな約束を優先させるものですが、中村さんはそうではなく、大きな約束も小さな約束も同じように考えすべてを守るようにしているそうです。

 どんなに小さなことでも約束は約束。これが、中村さんが30年の居酒屋経営を通して得た教訓なのです。

 本書には、中村さんが長年の経営経験から得た金言や、人生において忘れてはならないことがエッセイの形でつづられています。何もないところから一代で居酒屋チェーンを成功させた同氏の言葉からは、すべての人に役立つ成功のヒントが隠されているはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる