ニュース
» 2013年03月05日 13時30分 UPDATE

最高の文房具を決める「文房具屋さん大賞」が決定

「文房具屋さん大賞」に選ばれた文房具のうち、いくつかをピックアップして紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 あらゆる文房具の中から最高のアイテムを「文具の目利き」である文房具屋さんが審査・決定する「文房具屋さん大賞2013」が発表された。同賞は扶桑社「文房具屋さん大賞」実行委員会が主催し、『文房具屋さん大賞2013』(扶桑社/刊)誌上で詳細を読むことができる。

fhfigsj156.jpg 最高の文房具を決める「文房具屋さん大賞」が決定!

 初代「大賞」に輝いたのはパイロットのボールペン「フリクションボールスリム」。2006年に発売され、大人気となっている「フリクションボール」シリーズの最新製品だ。特長は、ボディ後部の消去用ラバーを使えば書いた文字を消すことができるという画期的な機能。さらにこの「スリム」では、0.38ミリの超極細文字が実現しており、使いやすさも抜群。カラーのバリエーションが豊富なのもうれしい。

 続いて、この1年間で新しく発売された文具の中で最高のアイテムを選ぶ「新人賞」では、トンボ鉛筆の「MONO 2way」が選ばれた。「MONO」といえば、消しゴムでおなじみだが、このアイテムは「消しゴム」と「修正テープ」が一体となっている優れモノ。まさに、文字消しの王様だ。ペンケースに1つ入れておけば便利な文房具である。

 審査員は有名文房具店をはじめとしたステーショナリー販売店の売り場から選抜された「文具のプロ」たち。老舗の銀座・伊東屋や丸善、有隣堂、石丸文行堂から幅広いラインアップで若者から人気のロフト、オフィス用品通販の大手であるアスクルなど全9社の名が連ねる。

 さらに、「大賞」や「新人賞」のほかにもノミネートアイテムが“書く”“消す”“切る・測る”などの部門別に掲載されており、その中で優秀なアイテムに「部門賞」が与えられている。ここでは新刊JP編集部メンバーが気になったアイテムを紹介していこう。

書く部門 鉛筆賞受賞/ハイユニアートセット(三菱鉛筆)

 鉛筆の濃さを決める硬度といえば、だいたいHから2Bや3B辺りのものを使うことが多いはず。しかしこの鉛筆セット、10Hから10Bまで全22硬度の鉛筆が勢ぞろいしている。しかも、本来は9Hから6Bまでしかなかった硬度に、10H、7B、8B、9B、10Bを三菱鉛筆が新たに開発。世界ではじめての感覚を味わうことができるのだ。握り心地も好評で、デッサンなどに使いたい一品である。

切る・測る部門 ハサミ賞受賞/フィットカットカーブ(プラス)

 実際に使ったことのある編集部員から「まさにハサミの革命」という絶賛の声があがったこのアイテムは、とにかくどんなものでも軽々と切れてしまう。ダンボールも牛乳パックもザクザク。その秘密はハサミの刃が重なる角度。常に30度という角度にキープされているのだ。ちょっとした工夫がこれほど切れ味を変えてしまうのか、と驚きを隠せない。

とどめるる部門 ステープラ賞受賞/ハリナックス(ハンディタイプ)(コクヨS&T)

 ホッチキスといえば針があるものを前提に考えてしまいがちだが、これはその名の通り“針をなくす”という発想で生まれた画期的なアイテムだ。8枚まで綴じることができるので、社内でのミーティングで使った資料などには率先して使いたい。シュレッダーをかけるときの針を取る面倒くさい作業もなくなるはず。

 また、『文房具屋さん大賞2013』にはこのほかにも“文具芸人”だいたひかるさんによる「面白文具賞&妄想文房具」やデジタル文房具も網羅している。快適にオフィスを過ごすためのカタログとしても有効活用できそうだ。あなたのお気に入りの文房具を見つけてみてはいかが?

(新刊JP編集部)

大賞発表会&出版記念イベントが3月11日に開催!

 「文房具屋さん大賞」誕生のきっかけとなった文具イベント「文具祭り」の第4回が、3月11日にお台場の東京カルチャーカルチャーで開催される。本賞のアドバイザーを務める高木芳紀氏(つばめや文具)と、だいたひかるさんが出演予定。詳しくは公式サイトにて。

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる