ニュース
» 2013年02月26日 14時45分 UPDATE

低収入から抜け出せない人の口癖

低収入の人、高収入の人。それぞれの違いとは一体何なのでしょうか。

[新刊JP]
新刊JP

 平均年収300万円時代といわれる今、自分の収入に満足しているという人は昔と比べると減っているはず。そして、会社員をやっている限りは、今後昇給があったとしてもその額は知れたもので、おのずと自分が一生かけて稼ぐ金額も予想がついてしまいます。

fhfigsj135.jpg 低収入から抜け出せない人の口癖

 しかし、世の中にはごく少数ですが、年収1億円以上稼ぐ人もいます。

 『年収1億円を稼ぐ人、年収300万円で終わる人』(学研パブリッシング/刊)の著者、午堂登紀雄さんは、「年収1億円の人」と「年収300万円」の人の間には、考え方や仕事の仕方、心構えなどあらゆる面で違いがあると言います。そして、年収を上げたい、お金を稼ぎたいと思うのであれば、「年収1億円」の人々がどのように考え、仕事をしているかを学び、取り入れてみることを勧めています。いったい両者の間にはどんな違いがあるのでしょうか。

年収300万の人は「人に迷惑をかけないように生きる」、年収1億の人は……

 「人様に迷惑をかけないようにしなさい」。こんなことを親に言われて育った人は多いはず。これは一見正しい教えのように思えますが、人に迷惑をかけることを恐れすぎると、失敗することまで恐れるようになります。そして失敗を恐れる状態が長く続くと、挑戦できない人間が出来上がります。

 年収1億円の人はこう考えます。

「今は迷惑をかけても、いつか成功して報いよう」

 もちろん迷惑はかけないに越したことはありません。しかし、迷惑をかけることや周囲とのあつれきを恐れている人のところには大きな成功はやってこないのも事実です。これが年収1億円の人の割り切りなのです。

赤信号、律儀に止まるのは?

 年収300万円の人と年収1億円の人ではルールのとらえ方に違いがあると言います。例えば目の前に赤信号があったら、年収300万円の人は律儀に立ち止まり、年収1億円の人は素早く左右を見渡し、車が来ないようならさっさと渡るのです。これは一例ですが、両者のルールのとらえ方という点で象徴的です。

 年収300万円の人が、ルールを「守るべきもの」としか認識しないのに対し、年収1億円の人は、そのルールの成り立ちや本質まで考えをめぐらせることができます。確かに、道路交通法には「歩行者は信号機に従わなければならない」とありますが、同時に、道路交通法の目的を「危険を防止し」「交通の安全と円滑を図り」「交通に起因する障害を防止するため」とも定めています。

 つまり、これらの事態を回避できるのであれば、歩行者は赤信号をわたってはいけない、とは言い切れないとも考えられるのです。これは、ルールを侵していいということではありません。しかし、ルールや規制の本質を見抜いて、現実にそぐわないと感じたならば上手に機転を利かせられることも、高収入を得られる人の条件だといえます。

「世の中は甘くない」は低年収の口癖

 「苦労は買ってでもするつもりでコツコツ努力しなさい。世の中甘くないよ」。これは年長者から年少者へのお説教で定番のセリフですよね。しかし、これも午堂さんいわく、年収300万止まりの人の発想。このセリフの背景には「苦労は美徳であり、それに耐えてこそ力がつく」という考え方があります。

 これに対し、高い年収を得ることができる人は、不得意なこと、つまり“苦労”が必要なことなどはどんどん避けて、自分の得意なことに専念しようとします。得意なことですから、幾らやり続けてもストレスは感じませんし、世の中は厳しいものだとも思いません。苦手なことや嫌いなことは捨てて好きな分野の力を蓄えよう、というのが高収入の人の発想です。

 あなたの考え方は「年収300万」でしたか? れとも「年収1億円」でしたか? 本書には、このほかにも両者のさまざまな違いが取り上げられているので、「もっとお金を稼ぎたい!」「今の生活を変えたい!」という人は、自身の行動・思考のパターンをチェックして、「稼げる人」のそれを取り入れてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる