ニュース
» 2013年02月25日 14時50分 UPDATE

Amazon.co.jpの電子書籍/和書の出版社別年間売上ランキング、1位はどこ?

Amazon.co.jpが、2012年における電子書籍/和書の出版社別年間売上ランキングを発表。電子書籍は集英社が、和書部門は講談社がトップを獲得した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Amazon.co.jpは、2012年における電子書籍/和書の出版社別年間売上ランキングを発表した。

 今回のランキングは、電子書籍が2012年10月のKindleストアオープンから2012年末まで、和書は1年分のAmazonにおける和書および雑誌販売金額に基づいて集計している。

 電子書籍は、「ジョジョの奇妙な冒険」や「HUNTER×HUNTER」などの人気作品を積極的に電子化した集英社がトップ。次いで講談社、角川グループ、小学館、文藝春秋の順となっている。ランキング詳細は以下の通り。

2012年「電子書籍」出版社別年間売上ランキング

順位 出版社名
1 集英社
2 講談社
3 角川グループ
4 小学館
5 文藝春秋
6 早川書房
7 新潮社
8 PHP研究所
9 スクウェア・エニックス
10 NHK出版
11 ダイヤモンド社
12 朝日新聞出版
13 インプレス
14 東洋経済新報社
15 光文社
16 幻冬舎
17 双葉社
18 扶桑社
19 竹書房
20 サンマーク出版
21 プレジデント社
22 ゴマブックス
23 すばる舎
24 東京創元社
25 阪急コミュニケーションズ
26 フランス書院
27 ソフトバンク クリエイティブ
28 翔泳社
29 学研マーケティング
30 新書館

 和書部門は講談社がトップで、2位以下は角川グループパブリッシング、集英社、小学館、エンターブレインと続いている。5位と6位が入れ替わったものの、9位の幻冬舎までは2011年と同順位。売上的にはミリオンセラー商品が1点のみと新刊が苦戦したが、既刊を売り伸ばすことで業績を上げているという。ランキング詳細は以下の通り。

2012年「和書」出版社別年間売上ランキング

順位 出版社名 前年比
1 講談社
2 角川グループパブリッシング
3 集英社
4 小学館
5 エンターブレイン ↑1ランクアップ
6 学研マーケティング ↓1ランクダウン
7 ダイヤモンド社
8 新潮社
9 幻冬舎
10 日経BP社 ↑2ランクアップ
11 岩波書店 ↓1ランクダウン
12 文藝春秋 ↑1ランクアップ
13 徳間書店 ↑6ランクアップ
14 PHP研究所 ↑1ランクアップ
15 医学書院 ↑6ランクアップ
16 スクウェア・エニックス ↑2ランクアップ
17 ソフトバンク クリエイティブ ↓6ランクダウン
18 朝日新聞出版 ↓1ランクダウン
19 オーム社 ↑1ランクアップ
20 宝島社 ↓4ランクダウン
21 メディアファクトリー ↓7ランクダウン
22 河出書房新社 ↑7ランクアップ
23 技術評論社 ↑1ランクアップ
24 NHK出版 ↑2ランクアップ
25 日本経済新聞出版社
26 一迅社 ↓4ランクダウン
27 翔泳社 ↑9ランクアップ
28 主婦の友社
29 インプレス ↓2ランクダウン
30 東洋経済新報社 ↑1ランクアップ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる