ニュース
» 2013年02月21日 10時00分 UPDATE

BOOK☆WALKERが2周年、記念感謝祭はてんこ盛りだった

角川グループの電子書店「BOOK☆WALKER」がオープンから2周年を迎え、ユーザーを招いての記念感謝祭を開催した。「せっかくなら普段できないことを」と趣向が凝らされたイベントに参加してきた。

[鷹野 凌,ITmedia]
tnfig000.jpg ××(ちょめちょめ)BOOK☆WALKER Z 登壇者の方々

 角川グループのブックウォーカーは2月16日、「BOOK☆WALKER 感謝祭」を開催した。これは、同社が運営する電子書店「BOOK☆WALKER」の2周年を記念し、「せっかくなら普段できないことを」とユーザー参加型のリアルイベントを企画したというもの。

 感謝祭は2部構成で、第1部は「××(ちょめちょめ)BOOK☆WALKER Z 一日だけの大復活祭の巻」と題したニコニコ生放送のユーザー観覧、第2部は立食パーティー式の交流会が催された。

 第1部は角川グループの試写室を利用した生放送で、MCは声優の明坂聡美さん、ゲストは富士見ファンタジア文庫『東京レイヴンズ』の著者・あざの耕平さん、ダ・ヴィンチ電子ナビの宮脇大樹さんというメンバーで行われた。「××(ちょめちょめ)BOOK☆WALKER」では何かあると酒を呑むというのが定番になっており、ユーザーの目の前で酒盛りが繰り広げられるユニークな放送だった。

 あざの耕平さんからは、忙しくてロケに行けない場合はGoogleストリートビューを活用しているとか、締め切りが迫ってくると夜中に酒を呑みながら書いているといった体験談や、電子書籍化では作家が蚊帳の外になってしまっているといった苦言も呈された。放送の模様はタイムシフト視聴できるので、詳しくはそちらで確認してほしい。


 第2部では、来場者が持参した紙書籍とBOOK☆WALKERで取り扱っている電子書籍作品を交換(最大2冊)するといった催しや、BOOK☆WALKERにちなんだクイズ大会、感謝状の贈呈式などが行われた。


tnfig001.jpg 立食形式のパーティー
tnfig002.jpg 夏のサバイバルキャンペーン優勝者の購入冊数は? という問題

 著者が最も興味を惹かれたのは電子書籍体験コーナーで、iPadやNexus 7、先日公開されたβ版のPCビューワとともに、何とKindle Fire HDやソニーReader PRS-T1上で動作しているBOOK☆WALKERアプリが展示されていた。いずれもAndroidベースの端末であることを利用したある種「裏ワザ」的な実装で、実際にこれらの端末を持つユーザーがこれを利用できるわけではないが、ベンダーのロックインなどに囚われず、幅広い読書環境を提供していきたいというブックウォーカーの意気込みが伝わってくる展示だった。


tnfig003.jpg 電子書籍体験コーナー
tnfig004.jpg ユーザーからの生の声

 また、会場にはホワイトボードが設置され、BOOK☆WALKERに感じている不満点や改善要望などをフェイス・トゥ・フェイスで聴く試みもなされていた。招待された方々からは、「配信予定をもっと早くから知りたい」「紙書籍にあるカバー下イラストが、電子書籍版に含まれているかどうかを購入前に分かるようにしてほしい」といった要望から、「パスワードロックできる隠し本棚を用意してほしい」といったある意味切実な悩みまで、さまざまな意見が寄せられていた。

 電子書店はネット上のバーチャルな存在だが、運営するのも人、利用するのも人だ。メールやTwitterなどを使ったテキストでのやり取りは、時間や距離を超えられるという意味で非常に便利だが、表情や身振り手振りといった非言語手段の方がコミュニケーションとしての情報量は多いと言われている。そういう意味でこういったリアルイベントは、人と人との関係をより密なものにする大切な機会だ。今後もぜひ継続的に行なってほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる