インタビュー
» 2013年02月20日 15時37分 UPDATE

「初日の萩野のメダル獲得は大きかった」――“トビウオジャパン”キャプテンが振り返る (1/2)

“トビウオジャパン”をキャプテンとして引っ張った松田丈志選手のインタビュー。

[新刊JP]
新刊JP

 昨年開催されたロンドンオリンピックで、史上最多11個のメダルを獲得した競泳日本代表チーム“トビウオジャパン”。そのチームのきずなに、多くの人が感動した。

fhfigsj125.jpg

 『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(27人のトビウオジャパン、松田丈志・北島康介・寺川綾……/著、集英社/刊)はそんな“トビウオジャパン”27人が、自分の視点からロンドンオリンピックを振り返った一冊。何と今回、“トビウオジャパン”をキャプテンとして引っ張った松田丈志選手に、本書についてのインタビューにお答えいただいた。

「初日の萩野のメダル獲得は大きかった」

―― この本は「チーム」にスポットライトが当てられていましたが、今回のオリンピックの競泳日本代表の雰囲気はどうでしたか?

松田丈志選手(以下敬称略) 過去のチームも雰囲気は良かったですが、これまで以上にみんな明るく、仲が良かったので、居心地良く感じましたね。もちろん選手一人ひとりの意識が高かったのもあったと思いますけど、コーチやスタッフもそういう雰囲気作りに心を砕いてくれたので、そこにはすごく感謝しています。

―― チームがまとまった理由は何だと思いますか? また、そのきっかけ、出来事があれば教えてください。

松田 一人一人の心がけ、戦う意識の高さですね。ベテラン選手が下の子を引っ張っていくのは当然ですけど、若い子たち意識が高かったと思います。特に結果という点で見ると、初日の萩野のメダル獲得は大きかったです。あれでチーム全体が「いける!」という雰囲気になりましたから。

―― キャプテンとして心掛けたことは何でしたか?

松田 まずは自分がしっかり結果を出すこと後は全体を見渡して、ポジティブな雰囲気に持って行くことでポジティブな雰囲気にならないと、なかなか力を発揮しづらいので。

fhfig125-2.jpg 選手たち

―― 水泳は基本的には個人競技だと思いますが、普段切磋琢磨しているライバルたちと仲間として接する上で、ギクシャクすることはないのですか?

松田 基本的にないと思います。というより、人から応援される選手じゃないとオリンピックには行けないですから。オリンピックに出られる選手って、やっぱりそういう部分では人間力が高いんだと思います。

―― この本に書かれているほかの選手の文章を読まれて、新しい発見はありましたか?

松田 新しい発見もすごくあったし、うれしく感じる言葉もたくさんありました。特に若い子たち、今回のチームについて良いイメージを持ってくれていたことと、このチームを経験したことで、「自分も」という気持ちになってくれた子が多かったのがうれしいです。

―― 若いころから日本代表として結果を出し続けてきた松田さんですが、常に意識していることはありますか?

松田 まずは、明るく元気良くいることそれと当然ですけど、トレーニングを頑張ること、そして、謙虚であること。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる