ニュース
» 2013年01月30日 14時54分 UPDATE

Barnes & Noble、今後10年間で店舗数を約3分の2程度まで減らす計画を明らかに

米書店チェーン最大手のBarnes & Nobleが、今後10年で店舗数を約3分の2程度まで減らす計画を明らかにした。

[hon.jp]
hon.jp

 米Wall Street Journal紙の報道によると、米書店チェーン最大手Barnes & Nobleの小売グループ代表であるミッチェル・クリッパー氏が、自社チェーンの店舗数を今後10年間で450〜500店にまで絞ることを明らかにした模様。

 同社では2000年代前半まで、平均15店舗/年ほど不採算店を閉鎖しつつ、代わりに20店舗/年ほど新規オープンさせることで緩やかなエリア拡大を続けてきた。しかし電子書籍ブーム以降、ライバルだった米書店チェーン第2位のBorders Groupが破綻したにもかかわらず、新規オープンのペースを2店舗/年にまで落としており、縮小戦略を取っているのではささやかれていた。

 クリッパー氏は「黒字店舗を閉める会社などない」として、紙書籍市場から撤退しようと考えているわけではないと説明している。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる