ニュース
» 2012年12月26日 14時00分 UPDATE

ただいま増殖中? “ソーシャルおじさん”とは

“ソーシャルおじさん”とは!? 話題のネットで話題の人物像にスポットをあて、紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 「ソーシャルおじさん」をご存じだろうか。今、この名で呼ばれているおじさんたちが増殖、そして活躍しているらしい。「ソーシャルおじさん」とは、いったい何者なのか?

fhfigsj027.jpg ただいま増殖中? “ソーシャルおじさん”とは

 『乗り遅れるな!ソーシャルおじさん増殖中!』(徳本昌大、高木芳紀/著、ソフトバンククリエイティブ/刊))では、普通のおじさんがいかにしてソーシャルおじさんとなり、どのように成功をつかんでいったのか。ソーシャルおじさんたちが、情熱と創意工夫の成功体験を紹介している。

 ソーシャルおじさんを簡単に説明すると、TwitterやFacebookのようなSNS、ブログなど、インターネットを利用して個人間のコミュニケーションを促進するソーシャルメディアを活用して、仕事とプライベートの充実をはかり、成功を収めているおじさんのことだ。

 彼らの特徴は「一人で成功しない」こと。周囲の人に尽くすことで、最終的に自分もうまくいく。そんな好循環を生み出し続けるのが、ソーシャルおじさんなのだ。

 ソーシャルおじさんになるには一応規定があるという。まずはソーシャルメディアに精通していて、人つきあいにオープンであること。そして、人の役に立つことが大好きなおじさんであること。

 ソーシャルおじさんの使命は、世代、業種を超えて、人と人をつなげると同時に、それぞれの人が足りないと感じていることを補うこと。利益になる、ならないは問題ではない。まずはお節介してみてから考える。そんな前向きな思考の持ち主がふさわしいという。

 具体的には、ノウハウのない若者世代にソーシャルおじさんが持っている人脈や知識を与えることで、若者の成長や成功に貢献できる。世の中の役に立とうというマインドの有無がソーシャルおじさんの条件になるのだ。ソーシャルメディア上は、最低限の礼儀さえ守れば、仕事や年齢も関係なく、ある意味でフラットなつながりを持つことができる。そのため、おじさん世代が若い世代に受け入れられやすく、コミュニケーションも進みやすいというのだ。

 世代で考え方や価値観が違うのは、育った環境も年代も違うのだから当然のこと。しかし、おじさんたちが20年、30年と積み上げてきた経験と知識、そして人脈は若い世代でも通じるところはあるはずだ。

 本書に登場するソーシャルおじさんたちのソーシャルサービス活用術は、世のおじさんたちの参考になるはずだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる