ニュース
» 2012年12月20日 11時30分 UPDATE

Jコミ、JコミFANディングを正式スタート――漫画にライブ感を持ち込めるか

Jコミが9月にβテストを実施し好評を得ていた「JコミFANディング」の正式版を発表。少数のファンから「少しお高いお布施」をもらうモデルは飛躍するか。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigjc1.jpg 出口竜正さんの商品など6商品が12月22日から販売予定

 漫画などの絶版本の無料配信サイト公開している「Jコミ」は12月20日、9月にβテストを実施し好評を得ていた「JコミFANディング」の正式版を発表した。実際の販売は12月22日から行われる。

 JコミFANディングは、絶版になった作品を電子透かしが入ったDRMフリーのPDFファイルとし、そこに複数の特典をセットにして限定的に販売、その売り上げを全額作者に還元するビジネスモデルで、いわゆるクラウドファンディングサービス。

 βテストの結果を踏まえ、正式版では「高額な商品を、長い陳列期間で販売する」方針に変更。具体的には目標額で15万、30万、60万円の3プランを用意し、一口1000円から最大2万円まで用意した。

 例えば60万円を集めるプランだと、以下のような内容が想定されており(ここから作家との打ち合わせによりカスタマイズしていくとある)、普段会えないような漫画家と直接交流したりできるコースも用意されている。Jコミを運営する漫画家の赤松健氏はこれを「ミュージシャンにおける『ライブ』」と表現、飲み会の場でのサインや裏話など、コアなファンが納得できるものになるだろうとしている。

目標額60万円プランの場合

  • ハガキなし、各種特典なしの通常版。「3000円×100名」
  • 1セット+直筆サイン入り葉書付き。「8000円×25名」
  • 1セット+漫画家さんと飲み会。赤松氏も同席。「2万円×5名」

 12月22日正午から販売されるのは以下の6名の商品。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる