ニュース
» 2012年12月18日 08時00分 UPDATE

全国の丸善・ジュンク堂店員が選ぶ「今年驚いた1冊」は?

書店員が「今年驚いた1冊」をオススメするフェアが丸善・ジュンク堂書店で開催されている。Web上でも作品を案内しており、書店員の思いが詰まった手書きPOPとともに、売れ筋ランキングとはひと味違うユニークな作品に出会える。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「2012年書店員が選ぶこの1冊 今年驚いた!1冊」

 丸善・ジュンク堂書店ではここ数年、書店員らの目利きによる“今年のベスト”フェアが開催されているが、その2012年版がこのほど始まった。今年は「2012年書店員が選ぶこの1冊 今年驚いた!1冊」と題し、“驚いた本”という切り口で作品をピックアップしている。

 フェアのWebサイトでは、書店員による渾身のPOPとともに、イチオシの作品を紹介。例えば、「BEST OF 驚いた本」にはダニエル・ドレズナー著の『ゾンビ襲来』が選ばれている。ゾンビが突然発生したその日に人類がどう備えるべきかを、国際政治学の専門家が真面目に語る本だという。このほかにも、装丁等に注目した「驚いた本 POPアート賞」、本の切り口に注目した「驚きのアイデア賞」など、いろいろな視点で作品が紹介されている。

 なお、同キャンペーンはWebだけでなくフェア参加各店でも展開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる