ニュース
» 2012年12月07日 15時00分 UPDATE

BookLive!の登録可能台数上限が3台から5台に拡大

BookLive!がユーザーアカウントごとの端末登録台数制限を3台から5台に拡大。12月10日発売の専用端末「BookLive!Reader Lideo」の発売を見据えたものとみられる。

[西尾泰三,ITmedia]

 電子書店「BookLive!」を運営するBookLiveは12月7日、連携端末の登録台数上限を3台から5台に拡大した。

 BookLive!に限らず、多くの電子書店では、あるユーザーアカウントで電子書籍を購入し、そのアカウントを不特定多数で共有するようなことを防止するため、アカウントごとに利用できる端末の上限が設けられている。GALAPAGOS STOREやhontoのように3台までとしているところもあれば、AmazonのKindleストアのように、1つのアカウントに登録できる端末の台数には制限を設けず、1つの書籍を同時にダウンロード可能なのは最大で6台までとしているところある。おおむね現在では5台が一般的だ。

 デバイスを多数所有している方、例えばiPhone、iPad、Androidタブレットを持っているという方なら、それだけでもう3台。そこにデスクトップPCやノートPCなどを加えれば、5台でも心もとないくらいだろう。BookLive!は12月10日に専用端末「BookLive!Reader Lideo」の発売も控えており、これも見据えて上限を5台にした。

 同社によると、アプリ内ではまだ上限3台と表示される場合もあるが、同日から5台まで登録できるようになっているとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる