特集
» 2012年11月20日 08時00分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G――Amazon

往年の名機から最新のタブレットまで――古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。ここでは、Amazonが国内発売を開始した電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を取り上げる。

[山口真弘,ITmedia]

製品概要

 E Ink電子ペーパーを採用したAmazonの電子書籍端末「Kindle」の第5世代モデル。Kindleとしては初めて日本語メニューを搭載しており、2012年10月にオープンした日本版Kindleストアでの利用に対応している。

 モノクロ16階調の6インチE Ink電子ペーパーは従来よりも解像度が引き上げられ、212ppiとなっている。また24段階の調節が可能なフロントライトを搭載しており、製品名であるPaperwhiteの名前の通り真っ白いスクリーン表示が大きな特徴。

 インタフェースはタッチ操作に特化しており、ページめくりキーはもちろんホームボタンまでスクリーン上に用意され、物理的なボタンは電源キーのみ。読書のスピードを計算して読了までの時間を通知するリーディングタイム機能も搭載している。

 従来モデルの「Kindle Touch」にあった音声出力機能が完全に廃止されたほか、内蔵ストレージは2Gバイトと半減しており、クラウドへのデータ保存がよりいっそう明確化されている。ラインアップはWi-Fiモデルの「Kindle Paperwhite」と、3G接続にも対応した「Kindle Paperwhite 3G」の2種類で、本体色はいずれもブラック。3G回線はNTTドコモ回線が契約不要で利用できる。

スペックで見る「Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G」

メーカー Amazon
国内発売時期 2012年11月
発売時価格 7980円(Kindle Paperwhite)、1万2980円(Kindle Paperwhite 3G)
専用/汎用 専用
OS Kindle OS
OSバージョン Kindle OS 5.3.5
サイズ(※最厚部) 117(幅)×169(奥行き)×9.1(高さ)ミリ
重量 約213グラム(Kindle Paperwhite)、約222グラム(Kindle Paperwhite 3G)
解像度 758×1024ドット
ディスプレイ 電子ペーパー(E Ink)
カラー/白黒 モノクロ16階調
画面サイズ 6インチ
通信方式 802.11 b/g/n、3G(Kindle Paperwhite 3G)
Bluetooth なし
内蔵ストレージ 2Gバイト(ユーザー利用可能領域は1.25Gバイト)
メモリカードスロット なし
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 8週間(Wi-Fiオフ時)
タッチ操作 対応
対応フォーマット Kindle(AZW3)、TXT、PDF、保護されていないMOBI、PRC。HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応
コネクタ USB(microB)
電子書籍ストア Kindle Store
その他 海外での発売は2012年10月
最終更新日:2013年5月14日

写真で見る「Kindle Paperwhite/Kindle Paperwhite 3G」

右60度傾斜外観 本体色はブラックのみ
本体を持った写真 重さは従来モデルのKindle Touch(国内未発売)と同じく約213グラム。E Ink端末としてはやや重い部類に入る(3Gモデルは222グラム)
CDとの比較 画面下にあったホームボタンは廃止され、タッチ操作に統一された。ちなみに画面下の「Kindle」はシルク印刷のロゴ
単体正面 正面。ベゼルとE Inkパネルの間の段差は従来モデルよりかなり緩和されており、画面の端もタッチしやすい
左側面 左側面。ボタン類はない
右側面 右側面。こちらもボタン類はない

上面 上面。両側面と同様、ボタン類はない
底面 底面。microUSBコネクタ、電源ボタンを備える。イヤフォンジャックは廃止された
裏面 裏面。音声出力の廃止によりスピーカーは省かれた

メイン画面 ホーム画面。テキスト中心だった従来と異なり、サムネイルがふんだんに使われている。上部のメニューバーにはホーム画面、ストアなどへのボタンが並んでおり、タッチで操作する
tnfigxxx22.jpg コンテンツ表示画面,フロントライトはタッチ操作により24段階で調整可能
tnfigxxx23.jpg コンテンツを表示したところ。右綴じ書籍では画面の左8割が「進む」、右端2割が「戻る」に割り当てられている。タップすると上部にメニューが表示される

メイン画面 文字サイズやフォント、行間、余白の調整が可能
コンテンツ表示画面 単語の長押しで辞書検索が可能。日本語辞書として大辞泉がインストールされており、意味を手軽に調べることができる
tnfigxxx26.jpg 設定画面。注釈やハイライト、同期機能などのオンオフはここから設定する

メイン画面 日本語版Kindleストアに接続可能。最下段のおすすめを除いてはテキスト主体のデザイン
コンテンツ表示画面 リスト画面。表紙のみのサムネイル表示に切り替えることも可能
tnfigxxx29.jpg 個別の電子書籍ページ。「1-Clickで買う」を押して購入する。下段のカスタマレビューはAmazon.co.jpの書籍と共通のデータが使われている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる