ニュース
» 2012年11月19日 21時11分 UPDATE

紀伊國屋書店、店舗と連携した電子書籍サービスを強化

紀伊國屋書店は、店舗内の電子書籍コーナーと店内Wi-Fiアクセスサービスの強化を発表した。

[西尾泰三,ITmedia]

 紀伊國屋書店は11月19日、店舗と連携した電子書籍サービスの強化を発表。店舗内の電子書籍コーナー設置を推進するほか、店内限定の無線LANアクセスサービスも導入店舗を拡大した。

 紀伊國屋書店では、これまで新宿本店、新宿南店、梅田本店、札幌本店、福岡本店、流山おおたかの森店に電子書籍コーナーを設置し、自社の電子書籍アプリ「Kinoppy」の体験や、ソニー「Reader」の展示・販売などを行ってきたが、これを全国主要15店舗に拡大する。電子書籍コーナーが新規開設されたのは、仙台店、前橋店、さいたま新都心店、玉川高島屋店、国分寺店、横浜店、名古屋空港店、富山店、広島店。

 また、7月から新宿本店でテスト導入されていた店内限定の無線LANアクセスサービス「紀伊國屋書店 Wi-Fi」も導入店舗を拡大。新たに新宿南店、梅田本店、札幌本店、福岡本店、流山おおたかの森店を加えた6店舗でサービスを提供する。同サービスは紀伊國屋書店BookWeb会員であれば無料で利用でき、購入した電子書籍をストレスなく端末にダウンロードしたり、Kinoppyで店舗内の紙書籍のISBNコードを読み取って電子書籍で出ているかなどを検索したりできる。12月31日まで、紀伊國屋書店 Wi-Fi経由で電子書籍を購入したユーザーはKinokuniya Pointが通常の10倍付与される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる