ニュース
» 2012年10月19日 15時00分 UPDATE

次世代の新聞プラットフォーム? 朝日新聞社が3日間限定で「socialA」公開

朝日新聞社は、10月19日から21日までの3日間、「socialA」と呼ぶ取り組みを展開する。朝日新聞の紙面イメージとTwitterを連携させ、次世代の新聞プラットフォームを模索している。

[西尾泰三,ITmedia]

 朝日新聞社は、10月19日から21日までの3日間、「socialA」と呼ぶ取り組みを展開する。

 日本新聞協会が毎年10月15日から1週間実施している「新聞週間」期間中に行われるこの取り組みは、朝日新聞の紙面イメージとTwitterを連携させたもの。企画に賛同する各分野の有識者(socialA委員)と朝日新聞記者が、Twitterでツイートした内容が紙面イメージにオーバーレイされるようになっており、新聞とソーシャルネットワークをつなげる興味深い取り組みとなっている。サイト上の説明には、「作り手と読み手が、新たな情報や意見を付け加えることで、さらなる価値を生み出そうという試みです。次世代の新聞プラットフォームのあり方を探ります」としている。

tnfigsa1.jpg PCからsocialAをみたところ

 PC、iOS、Androidから利用可能で、iOS/Androidアプリでは紙面をタップすればテキストウインドウが開くようになっている。この機能はモリサワの「MCMagazine」で実現されており、Twitterとの連携部分は美術出版ネットワークスの「bookpicモジュール」が使われているとみられ、共同開発されたビューワが使われた事例といえる。

tnfigsa2.jpgtnfigsa3.jpg iPadでみたところ。紙面イメージからテキスト部分のみを抽出して読むことができる機能はモリサワの「MCMagazine」特有の機能。そこに美術出版ネットワークスの「bookpicモジュール」を結合させソーシャル連携させたビューワとなっているようだ
tnfigappsa1.giftnfigappsa2.gif

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる