ニュース
» 2012年10月15日 11時00分 UPDATE

Kindle Owner's Lending Library、今月内に英国、ドイツ、フランスに展開

1カ月に1冊無料で電子書籍を借りることができるAmazonのサービス「Kindle Owner's Lending Library」が英国、ドイツ、フランスといった国へ展開される。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig354.jpg

 Amazonは今月末にKindle Owner's Lending Libraryを英国、ドイツ、フランスに展開すると発表した。新市場でのLending Library立ち上げに伴い、KDP Selectファンドは10月に10万ドルから70万ドルに増額、11月にはさらなる増額が予想されている。

 Kindle Owner's Lending LibraryはAmazon Primeのメンバーであれば、1カ月に1冊無料で電子書籍を借りることができるサービス。現在、20万冊以上の電子書籍が利用可能で、ユーザーが本を借りると、著者には利用料が支払われる。著者は自身が確実に新市場に訴求するように、サービス開始のタイミングでこれらの市場に参入できる。

 「Kindle Owner's Lending Libraryが米国で立ち上がってからまだ1年も経過していませんが、このサービスは顧客に愛されています」とKindleコンテンツ担当副社長、ラス・グランディネッティ氏は語る。「完全な新規読者層を獲得し新たな方法で収入を増やすインディー作家にとっても大きなメリットがあり、世界中のさらに多くの読者層を獲得できるようになります。Lending Libraryを英国、ドイツ、フランスに展開できることに興奮しています」。

 Lending Libraryは2011年に米国で立ち上げされ、このサービスがどれほどの成功を収めるかは未知だった。ハリー・ポッターシリーズ、ハンガー・ゲームシリーズなど人気のある書籍を借りることができる。ユーザーはKindle電子書籍リーダーかKindle Fireタブレット上で直接、無料電子書籍を利用できる。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる