ニュース
» 2012年10月11日 13時15分 UPDATE

米国の各作家団体、GoogleとAAPの和解締結について司法省に介入要請へ

先日GoogleとAAPの間で和解が発表されたGoogle Book Search訴訟だが、これにASJA/NWU/SFWAなど複数の作家団体が司法省に調査介入を依頼する旨を明らかにした。

[hon.jp]
hon.jp

 2005年から延々と続いている「Google Book Search訴訟」だが、ついに米国の出版業界内で場外乱闘まで始まった。


tnfig318.jpg

 先週、米国の出版社団体Association of American Publishers(AAP)がGoogleと正式に和解を発表した件について、ASJA/NWU/SFWAなど複数の作家団体が司法省に調査介入を依頼する旨を明らかにした。

 すでに7年目となるこの訴訟だが、その後の電子書籍の急速な台頭で作家たちとの力関係で不利になりつつあるAAPは、昨年末にGoogle側に寝返る方針に転換、原告団から離れ同社と和解した。

 予想されたことではあるが、これに各作家団体が激怒、和解内容の開示に同意するか、もしくは米司法省による調査介入を要請する方針を発表した。作家団体The Authors Guildを中心にまだまだ審議が続きそうなGoogle Book Search訴訟の外で、乱闘まで始まってしまい、まさにバトルロイヤル状態になりつつある。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる