ニュース
» 2012年09月21日 18時42分 UPDATE

koboのストアからWikipedia作品消える 「ISBN」は「商品番号」に

koboイーブックストアに500冊ほどラインアップされていたWikipedia出典の電子書籍が削除されている。また、議論を呼んでいた「ISBN」は「商品番号」に変更された。

[山田祐介,ITmedia]

 楽天の子会社であるKoboの電子書籍ストア「koboイーブックストア」でWikipediaの日本語コンテンツが配信されたのは既報の通りだが、これらの作品が今、ストアから姿を消している。

 楽天の三木谷浩史社長はTwitterを通じて、作家や作品への理解を深めてもらう趣旨でWikipediaの作家情報を配信したとするツイートを投稿。この投稿に対し、作品ファイルにDRMを施していることがWikipediaのクリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-SA)に反しているのではないかといった指摘も多く寄せられているが、同件に関して三木谷氏や同社は今のところ見解を示していない。

 一連の作品に関しては、“ストアで一端検索できなくなったのちに復活する”という現象を筆者は以前に確認しており、それをふまえると再度配信される可能性もありそうだが、いずれにせよ同社の対応が混乱しているのは間違いない。

 またWikipedia作品への注目を契機に、koboイーブックストアの各書籍ページで「ISBN」として案内されていた番号が独自のものなのでは? といった指摘もネット上でなされた。書籍を管理する番号の国際規格であるISBNは数字の割り振り方に決まりがあるが、koboイーブックストアの番号はこれらに適応していなかった。こうした指摘を受けてか、koboイーブックストアでは以前「ISBN」としていた項目を「商品番号」に変更している。

photo 18日の商品検索結果
photo 21日時点、ISBNとされていた番号は商品番号と案内されている
2012年9月22日18時29分追記:22日になって、DRMフリーにし、CC-BY-SAの利用許諾条項を満たしたものが再度koboイーブックストアにラインアップされているのを確認した。
2012年9月24日14時24分追記:koboイーブックストアで再び各作品が検索できなくなった。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる