ニュース
» 2012年09月18日 17時02分 UPDATE

koboイーブックストアで“Wikipedia”作品が増えている

12月末までに20万冊の日本語タイトルをそろえる目標の「koboイーブックストア」で、Wikipediaの日本語コンテンツが続々と電子化されている。

[山田祐介,ITmedia]
photo 著者「ウィキペディア」の作品が増えている

 楽天の子会社Koboの電子書籍ストア「koboイーブックストア」で、9月17日からWikipediaの日本語コンテンツが続々と電子書籍タイトルに加わりはじめ、ネットで話題を呼んでいる。Wikipediaの人名ページを1冊の電子書籍として配信しており、同ストアの著者名「ウィキペディア」の検索結果は9月18日現在で389件にのぼっている。

 2012年12月末までに日本語コンテンツ20万冊の達成を目指している同ストアだが、そうした状況の中でWikipediaコンテンツを電子書籍として配信することに対し、ネットでは「コンテンツの水増し」との見方も少なくない。現在増えているこれらのコンテンツは、人名がそのまま電子書籍のタイトルとなっており、ストアでは「百科事典」に分類されているようだ。

 同件についてeBook USERでは楽天に問い合わせを行っており、回答があれば情報を更新する予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる