ニュース
» 2012年09月10日 17時23分 UPDATE

背景にGoogle Shoppingを巡る確執か:Amazon、Kindle Fireシリーズの標準検索エンジンをBingに変更

Amazonが発表したKindle Fire HDなどの新モデルでは、標準検索エンジンをBingとなっているが、その背景にはGoogleとの確執があるようだ。

[hon.jp]
hon.jp

 先週、新タブレット端末シリーズ「Kindle Fire HD」を発表した米Amazon.comだが、この新モデル群から「標準検索エンジンをGoogleからMicrosoftのBingに変更した」理由について、同社は明らかにしていない。

 そのような中、New York Times紙が9月9日(現地時間)、AmazonとGoogleの間で現在起こっているある確執について報じている。記事によると、Googleは最近、同社の商品カタログ検索サービス「Google Shopping」での掲載有償化を各ECサイト会社に打診。Amazon側はこれを“Amazonつぶし”に向けた策略と察知し、同サービスから脱退したとのこと。

 これが直接の背景となっているのかどうかは不明だが、Amazon製ハードウェアでGoogle検索が標準機能から今後消えていく可能性は高そうだ。

Copyright 2014 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

eBook TV #25

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog