ニュース
» 2012年07月18日 22時00分 UPDATE

ついに来るぞ、楽天の「kobo Touch」――三木谷氏自ら緊急店頭プロモーション

7月19日に本格的な電子書籍サービスを開始する楽天(kobo)。7月18日には三木谷浩史氏自ら都内2個所で緊急店頭プロモーションを実施した。

[ITmedia]

 楽天が7月19日、ついに電子書籍サービスを開始する。「社運をかけて取り組む」と強い意欲を示す楽天だが、前日の7月18日、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏自ら都内2個所で緊急店頭プロモーションを実施した。

 楽天がカナダの電子書籍サービス事業者であるKoboの買収を発表したのは2011年11月。グローバルでサービスを展開するKoboは、カナダのAmazonとも呼ばれる企業だ。そのAmazonも電子書籍リーダー「Kindle」を近日発売とアナウンスしているが、楽天は先んじて電子書籍リーダー「kobo Touch」を7980円で販売、国内でのサービスを開始することになる(関連記事参照)。

 kobo Touchの発売に当たって、丸善やジュンク堂、文教堂、TSUTAYAの店頭では7月3日から店頭展示が行われているが、この日の夕刻、丸善の丸の内本店とビックカメラ有楽町店に姿を現した三木谷氏は、今までの電子書籍にあった堅いイメージをkobo Touchが払しょくするだろうと話し、国内のサービスインに自信を見せた。ストアサービスである「koboイーブックストア」についても3万タイトルのラインアップからスタートし、毎日1000タイトル増やし年内に20万タイトルを目指したいとした(ストアのオープンは7月19日15時の予定)。

tnfig1.jpg 丸善の丸の内本店では丸善CHIホールディングスの小城武彦代表取締役社長とともに新端末をアピールした
tnfig3.jpgtnfig4.jpg ビックカメラ有楽町店ではKoboの擬人化もといKobo Touchに扮した店員も。三木谷氏は簡単なあいさつの後、自らKobo Touchの説明などを一般客に行う一幕も
tnfig2.jpg
Photo and Movie by 鷹野 凌 aka. @ryou_takano


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる