ニュース
» 2012年07月10日 12時00分 UPDATE

ICT総研も電子書籍市場予測を発表――2016年度で1840億円

ICT総研は2012年度電子書籍コンテンツ需要予測に関する調査結果を発表。2011年度の同市場規模は671億円で、2016年度には1840億円に達するとした。

[西尾泰三,ITmedia]

 ICT総研は7月10日、2012年度電子書籍コンテンツ需要予測に関する調査結果を発表した。

 同社の調査によると、2011年度の電子書籍コンテンツ市場規模は671億円で、同社が予測していた700億円を下回った。スマートフォンやタブレット、電子書籍専用端末向けの電子書籍市場がまだ活性化しておらず、2012年度以降の市場成長も当初想定されていたものより鈍くなるとしている。

 先日インターネットメディア総合研究所が発表した市場予測と同じく、ケータイ向け電子書籍市場とスマートフォンやタブレット向けの電子書籍市場が逆転するのは2013年と予測。同年のそれぞれの市場規模を670億円、380億円とし、2016年度には電子書籍コンテンツ市場全体で1840億円に達すると見込んでいる。

電子書籍コンテンツの市場規模 電子書籍コンテンツの市場規模(出典:ICT総研)

 一方、電子書籍閲覧端末の出荷台数規模に目を移すと、2011年度は前年比3.4倍の302万台を記録。これが2016年度には1120万台にまで拡大する見込みとしている。ただし、同社のいう電子書籍閲覧端末の定義には電子書籍専用端末のほかタブレット端末を含んでおり、上記数字の8割以上はタブレット端末で、全体に占める電子書籍リーダー端末(専用端末)の比率はわずかだ。

電子書籍閲覧端末の出荷台数規模 電子書籍閲覧端末の出荷台数規模(出典:ICT総研)

 なお、両ハードウェアを比較した満足度調査では、すべての項目でタブレット端末の満足度が電子書籍専用端末を上回ったが、電子書籍専用端末のユーザーはサイズ、(端末の)重さ、バッテリー持続時間の満足度が高いことも同社の調査で明らかになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる