ニュース
» 2012年06月12日 18時19分 UPDATE

Google Book Search裁判:Google、フランス出版業界との和解が成立

Googleは、Google Book Searchが著作権侵害に当たるかどうかで係争中だったフランス出版社協会(SNE)およびフランス文学者協会との間で和解が成立したことを明らかにした。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigaaa.jpg © zimmytws - Fotolia.com

 米Googleは6月11日(現地時間)、Google Book Searchが著作権侵害に当たるかどうかで係争中だったフランス出版社協会(SNE)およびフランス文学者協会との間で和解が成立したことを明らかにした。

 この係争は、Googleの「Google Book Search」に関するもの。同サービスは書籍の電子化および全文検索サービスを推進しようとGoogleが2005年ごろから展開しているプロジェクトで、当初は「Google Print」と呼ばれ、その後Google Book Searchと改名、現在では「Google Books」と呼ばれている。著作権者の許諾を得ず、書籍や出版物をスキャンしサービスのラインアップを拡充することが著作権侵害に当たるとして現在に至るまでまだ決着をみていない。

 米国では現在も、米作家団体Authors Guildおよび米出版社協会(AAP)と係争中のGoogleだが、今回の和解で、フランスでは一足先に決着が付いたことになる。なお、フランスでは2009年にパリ民事裁判所がGoogleによる著作権侵害を認める判決を下しているが、Googleは上告、その後一部和解していた。

 今回の和解条件の詳細は明らかにされていないが、Googleはブログ「European Public Policy Blog」の中で「Writing a new chapter for French books」と題したエントリで和解に至ったことを紹介しており、今後、フランスの出版産業を支援する目的で、若者への読書奨励施策「Young Reading Champions Program」や電子書籍化促進施策「Publishing Laboratory」などのスポンサーを務めていく考えを示している。また、絶版書などは「GooglePlay Books」で電子書籍として販売することなども盛り込まれたようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる