ニュース
» 2012年06月07日 13時29分 UPDATE

シャープ、“Intel Inside”の新型タブレットを投入か

シャープはIntelの新型SoCを搭載したタブレットを投入する考えのようだ。教育市場向けとされているが、こうした動きがタブレット市場にどのようなインパクトとなって現れるだろうか。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig288.jpg

 PCなどの領域で絶対的な存在感を有してきたIntelだが、タブレット領域ではこれまで存在感をほとんど出せていない。この領域では最大のライバルであるARMがマーケットを牛耳っているようだが、IntelがMedfield(開発コード名 ※Intelのスマートフォン/タブレット向け次世代Atomプロセッサ)で対等の立場に立ったのでこの状況はやがて変わるかもしれない。

 この新型チップは優れたパフォーマンスを提供しつつ、バッテリーの充電時間を大きく短縮している。これらは頻繁にIntelの弱点としてとらえられ、同社がタブレット領域で一流になれない理由でもあった。そして注目したいのは、シャープが今後リリース予定のタブレットにMedfieldチップセットの搭載を予定していることだ。

 このタブレットはAndroid 4.0 ICSを搭載し、教育市場向けにデザインされている。10.1インチ、1280×800ピクセルマルチタッチディスプレイ、32Gバイト内部メモリ、タブレット背面に800万画素カメラ、前面にVGA画質カメラを備える。バッテリーの持続時間は約12時間と、現在入手可能なタブレットと比較して頭1つ抜けているのも特徴だ。

 シャープは入手可能になり次第、Windows 8を搭載することもできると明らかにしており、このほかにも生体センサー、ワイヤレス充電、スタイラス入力、RFIDベースの警報システムなど興味深いオプションが用意されるようだ。

 消費者にとって気になるのは価格だが、今のところ明らかになっていない。

netbooknewsより

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる