ニュース
» 2012年05月29日 11時00分 UPDATE

IPGとAmazon、新ライセンス契約に同意

Amazonが既存契約を強化し、書籍の仕切り値を下げることを望んだため、Independent Publishers Groupともめていた一件は何事もなかったかのように新ライセンスでの契約に至ったようだ。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig286.jpg

 数カ月前、AmazonとIndependent Publishers Groupの激化する一方の争いについてお伝えした。Amazonが既存契約を強化し、書籍の仕切り値を下げることを望んだため卸し売り契約の更新に至らなかったのだが、ここに来てAmazonとIPGは新ライセンス契約に至ったようで、IPGの電子書籍タイトル5千冊が再びAmazonから入手可能になっている。

 IPGの電子書籍が最初にAmazonでリストされなくなったとき、同社はユーザーへの告知を行うのに大量のメールを送付した。そして今、IPGは再度メールを送付し、現状に関して謝罪した。状況を改善するため、同社は2012年6月1日から8月31日まで、Amazonでの電子書籍売り上げで同社の販売手数料を無料にし、Amazonの販売手数料を除く売り上げのすべてを出版社に渡すという。

 (IPGの)マーク・スチョメル氏およびIPGは契約内容について明らかにしていない。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる