ニュース
» 2012年05月28日 15時30分 UPDATE

“ときメモ”15年の歴史を振り返る――電子書籍「ときめきメモリアルの時代」

ゲームデザイナーの岩崎啓眞氏が電子書籍「ときめきメモリアルの時代」をameroadなどで発売。PCエンジン版の初代「ときめきメモリアル」から、PSP版「ときめきメモリアル4」まで、ときメモシリーズの15年を熱く振り返る。

[山田祐介,ITmedia]

 ゲームデザイナーでありライターとしても活躍している岩崎啓眞氏が5月27日、同人誌「ときめきメモリアルの時代」を電子書籍として販売開始した。ameroadgumroadで、7月27日までの期間限定で配信中だ(gumroadは一時販売を停止中)。ameroadでの価格は600円で、ファイル形式はPDF。

 同作は、1994年にPCエンジン向けに発売された「ときめきメモリアル」からPSP版「ときめきメモリアル4」についてまで、ときめきメモリアルの15年間の歴史を振り返る著作だ。2011年に岩崎氏が同人誌として出した「ときめきメモリアルの時代」に改訂や追加コンテンツを盛り込んでおり、全248ページと読み応え十分のコンテンツになっている。

photophoto 電子書籍版「ときめきメモリアルの時代」の表紙(写真=左)と目次(写真=右)

 岩崎氏のブログには販売の告知とともに試し読みコンテンツも掲載されているので、気になる人は読んでみるといいだろう。初代「ときめきメモリアル」に出会った岩崎氏の熱いゲームレビュー文に始まり、当時のギャルゲーに関する分析や、ゲーム業界の内情などが書き留められている。

 本編にはこのほかにも、ときメモ各シリーズについての文章や、「『ときメモ』PCエンジン版を2012年にレビューする」といった企画も盛り込まれており、当時からの“メモラー”が懐かしみながら楽しめることはうけあい。あいざわひろし氏による美しい表紙や挿絵も見所だ。ちなみに5月27日は、PCエンジン版「ときめきメモリアル」が発売された日でもある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる