ニュース
» 2012年04月24日 18時00分 UPDATE

角川グループ、大幅減益も黒字を維持

角川グループホールディングスは、2012年3月期の通期連結業績を下方修正。ライトノベルやコミックスなど書籍関連は好調に推移したが、雑誌とシネコン事業が予想を下回ったため。

[西尾泰三,ITmedia]

 角川グループホールディングスは4月23日、2012年3月期の通期連結業績を下方修正し、最終利益が当初予想から44.6%減の36億円になる見通しだと発表した。売上高はメディアファクトリーの買収により53億9000万円増加したが、営業利益は当初予想から28億5000万円減の56億5000万円、経常利益は予想から29億円減の59億円になる見通し。

 書籍関連ではライトノベルやコミックスを中心に好調に推移したが、雑誌は東日本大震災以降市場環境が悪化し販売部数が急減、返品率が上昇した。また、シネコン事業も入場人員、興行収入とも過去10年間で最低水準となる中、予想を下回る興行収入となった。

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前期実績 1400億550万円 77億9300万円 85億7200万円 63億6700万円
当初予想 1420億円 85億円 88億円 65億円
今回修正予想 1473億9000万円 56億5000万円 59億円 36億円
平成24年3月期通期連結業績予想数値(平成23年4月1日〜平成24年3月31日)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる