ニュース
» 2012年04月18日 14時45分 UPDATE

矢野経済研究所調べ:2011年度の国内電子書籍市場は723億円、2015年に1500億円規模に

矢野経済研究所が日本の電子書籍市場を調査したレポートを公開。2010年度の電子書籍市場規模は前年度比6.3%増の670億円、2011年度は前年度比7.9%増の723億円と見込んでいる。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigyano1.jpg (画像出典:矢野経済研究所)

 矢野経済研究所は4月18日、国内の電子書籍市場に関するレポート「電子書籍市場に関する調査結果 2012」を公開した。

 調査レポートによると、2010年度の電子書籍市場規模は前年度比6.3%増の670億円。現在の電子書籍市場はモバイル向けのコミックが市場の大半を占めており、価格的なメリットも打ち出しきれていないため、日本の電子書籍市場は期待された程の急拡大とはなっていないと指摘している。

 2011年度についても、米国のような爆発的な市場拡大ではなく、段階的に拡大するとしており、市場規模は前年度比7.9%増の723億円と見込んでいる。

 また、展望として、2014年度の電子書籍市場規模は1197億円(前年度比10.6%増)、2015年度の同市場規模は1500億円(同25.3%増)と予測。2010年11月に同社が発表しているレポートでは、2014年度の電子書籍市場規模は1480億円とされていたことから、調査会社の視点でも市場が当初予想された成長を遂げていないことがうかがえる。

 同社では、外資参入を呼び水とするコンテンツの拡充や、軽量化など電子書籍リーダーが一層使い易くなることで、電子書籍市場は2年から3年後に本格的な拡大期を迎えると予測。コンテンツ別では、コミックは拡大するものの徐々に頭打ちとなり、2015年度ごろには文芸書をはじめとした書籍の市場規模が、コミックの市場規模を上回ると予測している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる