ニュース
» 2012年03月22日 13時30分 UPDATE

定点観測:AmazonのKDP Select、2月は貸し出し回数減だが分配収益は最高に

著作のレンタルから収益が得られるAmazonのKDP Select。2月は前月から大きく貸し出し回数が減ったが、著者への分配収益は過去最高となった。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigkdp1.jpg © PANORAMO - Fotolia.com

 米Amazon.comは、KDP Selectの2月分成果を明らかにした。貸し出し回数は明らかにされていないが、著者や版元への1冊当たりの分配収益は過去最高となった。

 KDP Selectはこれまで何度か紹介してきたが、AmazonがAmazon Prime会員向けに提供している電子書籍のレンタルサービス「Kindle Owners' Lending Library」に著作を提供することで、貸し出し回数に応じてファンドからの分配収益を得られるというもの。著作はこれまたAmazonが提供する自己出版サービス「Kindle Direct Publishing」(KDP)経由で出版するのが前提で、一定期間、著書をAmazonのみで販売することなどが求められる。

 2月の実績は分配収益が明らかになっており、その額は1冊の貸し出し当たり2.01ドル。ファンドの額は60万ドルであることから、貸し出し回数は約30万回と推定される。これまでの実績をまとめたものが以下の表だ。

時期 貸し出し回数 ファンド額 著者が著作1回の貸し出しで得た収益
2011年12月 29万5000回 50万ドル 約1.7ドル
2012年1月 43万7000回 70万ドル 約1.6ドル
2月 約30万回(推定) 60万ドル 2.01ドル
KDP Selectの実績


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる