ニュース
» 2012年03月14日 19時00分 UPDATE

コミックに命を:Marvel、紙のコミックで拡張現実への取り組みを開始

アメコミの雄Marvel Comicsは、“コミックの革命”計画「Marvel ReEvolution」を遂行すべく、紙のコミックに拡張現実を取り入れ、コミックに命を吹き込もうとしている。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 米国の漫画出版社Marvel Comicsは、テキサス州オースティンで開催されたSouth By Southwest Interactive Conferenceの場で、自社の印刷版コミックに拡張現実(AR)を埋め込む取り組みを明らかにした。「Marvel AR」と呼ばれ、間もなく発売される「Avengers VS X-Men #1」で読者はこの取り組みを目にするところとなる。


tnfig241.jpg

 この新プログラムの主な前提は、紙のコミック内でその社会的側面を次のレベルへ引き上げることだ。対象のコミックはカバーにARに使うロゴが印刷されており、スマートフォンかタブレットでこれをスキャンすると、読者は無料の「Marvel AR」アプリ経由で追加のコンテンツにアクセスできる。このMarvel ARアプリは今後数週間以内にAndroidとiOS向けにリリースされる予定だ。

 追加コンテンツはコミックごとに異なり、編集者から一連のストーリーの流れが紹介されたり、執筆者が動画で登場するなどいったものが想定されている。今のところ、Marvel ARは印刷版コミックにのみ対応しており、同社は電子版での追随を正当化するかその成功を測る予定だ。

 Marvel ARの本質は販売を促進し、その社会学的な側面を次のレベルへ引き上げることだ。最近同社が出版したほとんどのグラフィックノベルでは、ストーリーが終わりに近づくにつれて読者は幾つかの特別なコンテンツを目にすることになる。執筆者、編集者とアーティストが作品のディープな部分についてコメントしたり、シーンごとの分析を加えていたりもする。今回発表された新機能により、印刷版上のスペースを節約し、追加のコンテンツにはオンラインでアクセスするという流れを生み出すことになる。

 Marvelは自社でこのAR技術を開発したわけではなく、Aurasmaと技術提携している。カンファレンスで披露されたこの技術はストリーミング動画の視聴、オーディオなどの機能を備え、多くの称賛を得ている。デモのさ中、Techcrunchは「AR体験はかなり印象的だった。スマートフォンがコミック内のIron Manに向けられると、巨大な3DのIron Manがページ前面に出現し、鋼鉄の筋肉をほぐし、音を立てて周辺を飛び回る様子が観客用に用意されたプロジェクターに投影された」と書いている。AurasmaのARエンジンは1月のCESでデビューしたものだ。

 「われわれはコミックに命を吹き込もうとしています」とMarvel Digitalの上級副社長であり、社長のピーター・フィリップス氏は語った。編集長のアレックス・アロンソ氏は「Avengers VS X-Menのシリーズには毎号、拡張現実を盛り込んでいく予定です。われわれのゴールはコミックの読書体験を豊かなものにし、新たな方法でストーリーを語ることです」と付け加えた。

Copyright© 2014 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

eBook TV #25

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog