ニュース
» 2012年03月06日 15時33分 UPDATE

Top 100:Amazon.co.jp、2011年の出版社別売上ランキングを発表

Amazon.co.jpの出版社別年間売上ランキングが公表された。上位4社は2010年のランキングから変動がなかったが、「なか見!検索」などで既刊商品のテコ入れを図った出版社が、堅調な伸びを見せている。

[平賀洋一,ITmedia]

 アマゾンジャパンは、Amazon.co.jpにおける2011年の出版社別年間売上ランキングを発表した。このランキングは、Amazon.co.jpにおける1年間の和書および雑誌販売の出荷金額に基づいて集計したもの。金額そのものは非公表だが、上位100社の順位が公表された。

photo Amazon.co.jpの出版社別年間売上ランキング上位10社

photophotophoto 以下、11位から40位(写真=左)。41位から70位(写真=中央)。71位から100位(写真=右)

 1位は講談社で、以下、2位角川グループパブリッシング、3位集英社と続く。さらに4位の小学館までの順位は2010年から変動がなかったが、10位以降は順位の入れ替えがあり、特に幻冬舎が昨年の12位から9位にアップしている。

 全体の傾向についてアマゾンジャパンは、各社がヒット作頼りの売上を脱却すべく既刊のテール商品の売り伸ばしに注力したことを挙げ、在庫率の改善や「なか見!検索」の登録といったユーザーが購入しやすい環境を整えることで、堅調な成長を遂げる出版社が目立った――と分析している。

 また、Amazon.co.jp における共同マーケティング展開について、ランキング上位100社のうち67社が年間契約を締結しており、契約社は全体で117社まで拡大しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる