ニュース
» 2012年02月20日 11時28分 UPDATE

アドビ、Adobe Digital Publishing Suiteに個人向けエディションを追加

アドビ システムズは、電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」について、個人や小規模なデザイン会社向けに機能を限定した「Single Edition」を発表した。

[西尾泰三,ITmedia]

 アドビ システムズは2月20日、同社の電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」(ADPS)について、個人や小規模なデザイン会社向けに機能を限定して安価に提供する「Single Edition」を発表した。

 ADPSは電子出版領域に向けてAdobeが提供しているソリューション群で、今回発表された「Single」のほか、「Professional」「Enterprise」といったエディションが存在する。海外ではConde Nastの『WIRED Magazine』などが同ソリューションを用いて制作されており、国内でもインプレスホールディングスの山と溪谷社と大日本印刷が共同開発した雑誌『Hutte』の制作に用いられている。

 今回発表されたSingle Editionでは、InDesignで作成した.folioファイルをアプリ化しApp Storeで配信できる。ほかのエディションのようにコンテンツのアップデートは行えないほか、複数プラットフォーム(iPad、Android、PC/Mac)もサポートせず、iPadをターゲットにしたものとなっている。各エディションの機能比較はこちら

 なお、現時点でADPSの1コンポーネントであるViewer BuilderはMac OSアプリケーションのみとなっている。このため、必然的に利用環境がMacになる(InDesignでの.folio作成などはWindowsでも行える)。

 価格は2万9800円で、3月19日からアドビストアで提供される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる