ニュース
» 2012年02月07日 19時00分 UPDATE

「どげせんR」先行独占配信も:少年画報社、ニコニコ静画(電子書籍)で人気作第1話セレクションを無料配信

少年画報社はニコニコ静画(電子書籍)で『ヤングキング』『ヤングキングアワーズ』『月刊ヤングキング』の人気作第1話セレクションの無料配信を開始した。誌面に先行して配信される『どげせんR』、平野耕太氏の人気作『ドリフターズ』なども読むことができる。

[西尾泰三,ITmedia]

どげせんRでよりよい土下座を追求してください

 ニワンゴは2月7日、「ニコニコ静画」内の電子書籍配信サービス「ニコニコ静画(電子書籍)」で少年画報社の漫画誌『ヤングキング』『ヤングキングアワーズ』『月刊ヤングキング』の人気作第1話セレクションの無料配信を開始した。

 少年画報社は昨年末、ニコニコ静画(電子書籍)で『ヤングキング』『ヤングキングアワーズ』『月刊ヤングキング』の無料配信に踏み切っていたが、好評を受けて取り組みを拡大する。

tnfigsg1.jpgtnfigsg2.jpgtnfigsg3.jpg (C)2012 shonengahosha All rights reserved.

 中でも注目したいのは『どげせんR』。土下座漫画という新たなジャンルの開拓を狙いグラップラー刃牙などの作品で知られる漫画家の板垣恵介氏とRIN氏が週刊漫画ゴラクで連載を開始した『どげせん』という作品が昨年話題を呼んだが、その後ほどなく、両者の“土下座観”の違いが表面化。両者はタッグを解消し、板垣氏は別の土下座漫画「謝男 シャーマン」を連載開始、RIN氏もどげせんを仕切り直し「どげせんR」として新連載を開始することが伝えられていた。ヤングキング掲載前(3月26日発売の誌面から連載予定)にニコニコ静画(電子書籍)で先行独占配信されるというのも意欲的な取り組みといえる。。

 このほか、ヤングキングアワーズからは平野耕太氏の人気作「ドリフターズ」などが、月刊ヤングキングからは上山道郎氏の「ツマヌダ格闘街」などが配信される。配信作品は以下の通りで、4月7日までの間、タイトルは随時入れ替わるという。

誌名 配信作品
ヤングキング 「どげせんR」「ギャングキング」「Hey!リキ」「シマウマ」「マンガで分かる心療内科」ほか
月刊ヤングキング 「ツマヌダ格闘街」「ブロッケンブラッド」「おくさん」「ゆるゆる」ほか
ヤングキングアワーズ 「ドリフターズ」「並木橋通りアオバ自転車店」「球場ラヴァーズ」「ナポレオン 獅子の時代」ほか
配信予定作品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる