ニュース
» 2012年02月07日 11時32分 UPDATE

「アマゾン書店」の噂再び、Amazonがシアトル市内でリアル店舗への参入を検討中

Amazonがシアトル市内の同社本社近くで、リアル書店のオープンを検討しているようだ。

[hon.jp]
hon.jp

 米国の電子書籍ニュースサイト「Reader Updates」によると、米Amazon.comがシアトル市内の同社本社近くで、リアル書店のオープンを検討開始したという。

 記事によると、検討されているのはいわゆるブティック形式の小規模店舗で、陳列されるのは自社発行の紙書籍や電子書籍端末「Kindle」シリーズなど。ライバルのAppleが店舗展開で成功していることに加え、経営面で大きな圧迫要因になりつつある“州税無徴収”騒動の解決策として、自社でもうまくいくかマーケティング調査が目的とのこと。秘密プロジェクトであるため、匿名の子会社を介して、年内オープンに向けて準備中とされている。

 なお、Amazonによる実店舗参入の噂は2009年にもあり、そのときは英国で倒産した大手書店チェーンBorders UKの資産オークションへの参加を検討するという報道だった。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる