ニュース
» 2012年02月06日 11時00分 UPDATE

iBooks Author、販売制限はiBooks形式のみとする規約に改訂

Appleは、電子書籍制作ソフト「iBooks Author」の利用許諾契約を改訂、ibooks形式以外であれば自由に配布・販売できるようになった。

[西尾泰三,ITmedia]

 米Appleは2月3日(現地時間)、Mac OS Xユーザー向けに無料で公開している電子書籍制作ソフト「iBooks Author」の利用許諾契約(EULA)を改訂、同ソフトで制作した独自のフォーマット(.ibooks)の電子書籍の販売・配布に関する部分を改めた。

 iBooks Authorで作成したものはiBooks形式のほか、PDF、テキストファイルで出力できる。問題となっていたのは、作成したコンテンツを有料で販売しようとする場合にAppleのiBookstore以外の選択肢がなかった点。

 今回の改訂では、iBooks形式の有料コンテンツは基本的にiBookstoreのみでしか販売できないが、それ以外の形式であれば有料・無料を問わず自由に配布・販売できることになった。Appleと個別に契約を結べば、iBookstore外でiBooks形式の有料コンテンツを販売できる可能性もあるようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる