ニュース
» 2012年01月24日 15時00分 UPDATE

Pew Research Center調査:米国の電子書籍端末保有率は今回のクリスマス商戦で10%→19%に

Pew Research Centerの調査によると、米国ではクリスマス商戦を経て電子書籍端末の保有率が大きく上昇した。

[hon.jp]
hon.jp
tnfigpi1.jpg 年末年始を境に保有率が2倍近くにまで上昇していることが分かる(出典:Pew Research Centerのレポート)

 米国のPew Research Centerは1月23日(現地時間)、2011年末のクリスマス商戦後の米国内におけるタブレット製品の普及率について調査レポートを公開した。

 同調査は、年末と年始の2フェーズに分け、16歳以上の米国人(1000人以上の複数の異なる母集団)を対象に電話アンケート方式で実施。その結果、今回のクリスマス商戦だけで、米国人の大人におけるタブレットコンピュータ製品保有率が10%→19%、同じく電子書籍専用端末も10%→19%に上昇。トータルでみた場合、何らかの形で電子書籍が読める端末機器の保有率が18%→29%にまで上昇した試算になるとしている。

 Pew Research Centerは、2004年に設立された米国内における社会学調査を専門とする民間系の非営利シンクタンク。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる