ニュース
» 2012年01月12日 15時30分 UPDATE

ReVIEW採用:オライリー・ジャパン、電子書籍専用タイトルをEPUBで刊行へ

オライリー・ジャパンはトップスタジオと共同で、EPUBを採用した電子書籍専用タイトルの刊行を開始した。

[西尾泰三,ITmedia]

 IT系技術書を数多く手掛けるオライリー・ジャパンは1月12日、トップスタジオと共同で、電子書籍専用タイトルの刊行を開始した。フォーマットはEPUBを採用し、自社の電子書籍販売サイト「O'Reilly Japan Ebook Store」で販売する。

tnfigo1.jpg EPUBの電子書籍専用タイトルとして毎月数タイトルのペースで刊行予定

 O'Reilly Japan Ebook Storeでは現在、同社発行書籍のほぼ半数に当たる180タイトルがDRMフリーのPDFフォーマットで販売されているが、今回発表されたのはEPUBを採用した電子書籍専用タイトル。

 同日から『Flex 4.5によるAndroidアプリケーション開発』(1575円)、『スケーリング MongoDB』(1365円)、『マネージャーのための仮想化ガイド』(1365円)の3タイトルが発売されている。いずれも50ページから150ページ程度の比較的コンパクトなボリュームとなっており、今後毎月数タイトルのペースで刊行予定だという。現時点で『HTML5 Canvasデスクトップリファレンス』『IPv6アプリケーション適応ガイド』『HTML5ジオロケーション』が刊行予定とされている。

 制作面で目を引くのは、トップスタジオの武藤健志氏らが開発を進めるオープンソースの原稿記述形式および変換システム「ReVIEW」が用いられている点。ASCIIのEWBをベースに独自簡易記法を用いたReVIEWのフォーマットはEPUBやPDFに簡単にアウトプットでき、分かりやすく言えば「プログラマーが手軽に使える電子出版システム」といえる。独立系出版社である達人出版会でもReVIEWが用いられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる