ニュース
» 2012年01月11日 12時38分 UPDATE

Sony Tablet Sの価格、100ドル値下げへ

大きな方のソニタブでおなじみのSony Tablet Sが、米国では100ドル値下げされた。勝者不在の価格戦争に陥っているのだろうか。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig192.jpg

 Sony Tablet Sはソニーがリリースした初のタブレットPCで、登場してから4カ月あまりになる。この類のデバイスのマーケットは競争が非常に激しく、ソニーは価格を100ドル値下げすることで市場の関心を高めようとしている。

 現在、16GバイトのWi-Fiモデルが400ドル、32Gバイトモデルが500ドルで手に入り、製品購入は堅実な投資となる。このデバイスの素晴らしい特徴の1つはPS3のコントローラーを接続できることで、Android Playstation Network経由でゲームプレイが可能だ。ゲームの選択肢と質はいまひとつだが、ゲーム用タブレットを探していて、Apple iPadを購入したくなければ、このデバイスは最良の選択だ。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる