ニュース
» 2011年12月22日 10時30分 UPDATE

Google公式タブレット、6カ月以内にリリース

Googleはついに、自社の公式ブランドのタブレットをリリースしようとしている。6カ月以内に発売する構えで、このデバイスはSiriに対抗する新機能などを備えるだろう。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig187.jpg

 Googleはついに、同社がNexus系列のスマートフォンをそろえたのと同様に自社の公式ブランドのタブレットをリリースしようとしている。Googleの自社ブランドデバイスが優れている点は発売から数年経過してもファームの更新によるサポートが受けられる限られたデバイスの1つであるということだ。Googleの会長、エリック・シュミット氏はイタリアの新オフィス披露時にCorriere della Seraのインタビューを受け、このニュースを明らかにした。

 Googleは今年、Appleとの激しい法廷闘争を経て、Motorolaの買収によりついに自社製品をローンチするためのハードウェアパートナーを獲得した。SamusungとMotorolaのどちらが新たなタブレットをリリースするハードウェアベンダーになるのか現時点でまだ分かっていない。Googleは新タブレットを6カ月以内に発売する構えで、このデバイスはSiriに対抗する新機能などを備えるだろう。

 Nexus系列のスマートフォンが非常に人気がある大きな要因は3年契約を結ぶと低価格で非常にパワフルな端末が手に入ることだ。Ice Cream Sandwichを搭載する現在のNexusは今最も人気のある機種で、バンクーバーの多くの自営携帯電話ショップでも非常によく売れている。Googleがタブレット領域で直面している問題は多くの企業がKindle FireとNOOK Tabletに対抗するために大幅な値下げを行なっていることだ。SamsungのGalaxy Tab 10.1やほかの競合するデバイスはキャリアごとの販売奨励金を提供していない。これによりGoogleとハードウェアパートナーは競争力のある価格で高性能のデバイスをリリースするのに難しい立場に置かれている。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる