ニュース
» 2011年12月14日 15時00分 UPDATE

全米出版社団体は水面下で和解協議か:Google Book Search裁判が再開、The Authors Guildが当事者確認書類を裁判所に提出

2005年に始まり、2008年から一旦和解協議で中断していた「Google Book Search訴訟」がついに再開した。長い法廷闘争となりそうだ。

[hon.jp]
hon.jp
tnfiggoogle.jpg © zimmytws - Fotolia.com

 2005年に始まり、2008年から一旦和解協議で中断していた「Google Book Search訴訟」がついに再開した。

 現地報道によると、米作家団体The Authors Guild(と作家複数名は12月12日(現地時間)、全米の小説作家の代表として、本裁判に向けた最初の手続きとなるクラスアクション当事者確認申請書を米ニューヨーク連邦地裁のデニー・チン判事に提出したとのこと。近日中にも、Google側はこれに対し、“フェア・ユース規定”を盾に訴えそのものの棄却を請求するものと思われる。

 なお、前回原告側に参加した全米出版社団体のThe Association of American Publishersは、Google側と密かに別の和解協議を進行させている模様で、今回の連名には加わっていない。年明け早々、日本を含む世界中の出版関係者が、再びこの法廷闘争に翻弄されることになりそうだ。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる