ニュース
» 2011年12月14日 14時47分 UPDATE

複数名でEPUB電子書籍の共同制作が可能:“グラフ理論”系のオープンソースCMS「substance」が話題に

欧州の電子書籍関係者の間でオープンソースCMS「substance」が話題になっている。

[hon.jp]
hon.jp

 オーストリア生まれのオープンソースCMS「substance」が、欧州の電子書籍関係者の間で話題になっている。

substance substance

 substanceは、一般的なWebワープロソフトのような画面デザインだが、ここ数年シリコンバレーで人気のあるNode.js/CouchDBの上に“グラフ理論”系の設計で開発。裏側ではさまざまなコンテンツ要素を「ノード」とみなし、ノード間のリンクの塊を1つのドキュメントとみなすことで、複数の編集者ユーザーが1つのドキュメントに対しておのおの自由に執筆したり、目次生成・脚注・コメント・編集できる。

 制作したドキュメントを逐次EPUBで出力する機能もあり、さらにデザイン強化されたバージョン「0.4.0」がまもなくリリース予定だという。今後の動向が注目される次世代電子出版システムの1つだ。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる