ニュース
» 2011年12月12日 18時50分 UPDATE

米Amazon、ライバル店内でバーコードスキャンした雑貨を5ドル割引に――全米書店協会が激怒

米Amazon.comは、ライバル店内の商品バーコードをアプリでスキャンしたら、それを5ドル引きで販売するという1日限定キャンペーンを米国内で実施。書籍は対象ではなかったが、米国の書店組合は激しく抗議している。

[hon.jp]
hon.jp

 米Amazon.comは12月10日(現地時間)、同社の無料iOS・Android向けスマートフォンアプリを使い、ライバル店内で商品バーコードをスキャンしたら、それを5ドル引きで販売するという1日限定キャンペーンを米国内で実施した模様。

 ユーザーが一般の小売店を散策中に商品裏のバーコードをスキャンすると、その店頭での価格の入力が促され、Amazon側で購入すればさらに5ドルの割引がされるという仕組み。今回実験対象となった商品は特定の生活雑貨のみで書籍・雑誌などは除外されたようだが、さっそく本件について、米国の書店組合American Booksellers Associationが会長名で抗議文を掲載している。

 なお、関係者によると、今回のAmazon側によるバーコード実験の目的について、ライバルチェーン店の店頭価格調査も兼ねている可能性が高いという。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる