ニュース
» 2011年12月12日 12時00分 UPDATE

Samsung、「Retinaディスプレイ」タブレットを来年発売

Samsungは2560×1600ピクセルもの解像度を持つタブレットでライバルのAppleを出し抜き、一歩先んじるかもしれない。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig182.jpg

 もうすぐ発売される新作のAndroidタブレットは1920×1200ピクセルの解像度で10インチサイズのディスプレイを搭載しそうだ。これはもちろんこれまでに販売されてきた1280×800ピクセルの解像度を持つディスプレイに比較すると素晴らしい改善となる。

 しかし、Samsungはそれよりもさらに優れた製品を発売しようとしている。同社が発売しようとしている新たなタブレットは2560×1600ピクセルもの解像度を持つ11.6インチのディスプレイを搭載するかもしれない。

 Samsungがこれを実現するなら、新たなタブレットはAppleがRetinaディスプレイテクノロジーと称する技術に基づくiPhoneとiPodと同じ範ちゅうに入ってくるだろう。負けじとAppleも次世代のiPadで同様の解像度を持つディスプレイを搭載する計画をアナウンスした。

 BGRから届いたSamsungの新タブレットのほかの詳細として、CPUには2GHz Samsung Exynosデュアルコアプロセッサを搭載するようだ。デバイスはGalaxy Tab 10.1と比べ、より大きなディスプレイでありながら、薄いベゼルを備え、Galaxy Tab 10.1とほぼ同じサイズに見えるだろう。

 さらに、まだ名前のないこのタブレットはAndroid 4.0 Ice Cream Sandwichを搭載し、Galaxy Nexusといったほかのデバイスとの同期を実現するAndroid Beamも実装されるだろう。ワイヤレスドッキングモードによりゲーム好きのユーザーは自分のスキルをHDTV上で試すことができる。タブレットは2月に開催されるMobile World Congressの期間中に発売されそうだ。

 高解像度スクリーンの問題について、Samsungは過去に2560 ×1600ピクセルの解像度を持つ10インチのデバイスを展示している。同社はExynos 5250チップも準備し、より高解像度のスクリーンで利用することを目的にすると明らかにしている。これらを考え合わせるとBGRの説を実際に裏付けると考えられる。

 SamsungがRetinaディスプレイをめぐる戦いでライバルのAppleを出し抜き、一歩先んじるかもしれない。

Copyright© 2014 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog