レビュー
» 2011年12月06日 11時15分 UPDATE

Amazon「Kindle Touch」と「第4世代Kindle」の動画比較

Amazonの最新電子書籍リーダー「Kindle Touch」「第4世代Kindle」。両方とも6インチのE Ink Pearlディスプレイを搭載しているが、違うのは価格だけではない。今回はこの2機種を動画で分かりやすく比較していこう。

[Peter Carotenuto,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig173.jpg

 新たなGood e-Reader独占比較動画へようこそ。今回は、Amazonの最新電子書籍リーダー2台、『Kindle Touch』『第4世代Kindle』を比較検討する。この2台のデバイスの間にはハードウェアレベルとソフトウェアレベルでかなりの違いがある。明らかに、価格だけが違うという訳ではない。

 AmazonのKindle Touchと第4世代Kindleは両方とも6インチのE Ink Pearlディスプレイを搭載している。Touchはデバイスをインタラクティブにする赤外線方式タッチスクリーンを備え、第4世代Kindleと比較してキーボード入力はより直感的になっている。

 2台の電子書籍リーダーの見た目はよく似ている。その大きな違いはKidle Touchがステレオスピーカー、タッチスクリーン、オプションの3G通信機能を備えたことで40ドルから60ドル、高くなっている。もちろん、広告付きのバージョンを選択すれば、広告が表示される代わりに各モデルとも20ドルほど安くなるので、費用を節約できる。

 モダンで最新のデバイスという感じがして、筆者は本当にKindle Touchが好きだ。これはAmazonが発売した初のタッチスクリーン電子書籍リーダーでもあり、Kobo TouchとNOOK Simple Touchに対する競合製品となっている。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる