ニュース
» 2011年11月22日 17時01分 UPDATE

韓国の教保文庫、注目の新ディスプレイ「Mirasol」採用の電子書籍端末を発売

韓国最大手書店チェーンの教保文庫は、Qualcomm製の新型ディスプレイ「Mirasol」を搭載した世界初の電子書籍リーダー端末「KYOBO eReader」を発売した。

[hon.jp]
hon.jp

 韓国最大手書店チェーンKyobo Book Center(教保文庫)は11月21日、Qualcomm製の新型ディスプレイ「Mirasol」を搭載した世界初の電子書籍リーダー端末「KYOBO eReader」を発売した。

tnfigk1.jpg 教保文庫が発売したMirasolディスプレイを搭載する「KYOBO eReader」

 Mirasolは、「MEMSディスプレイ」などと呼ばれている次世代技術を採用したコンピュータ用ディスプレイパネル。IMODと呼ばれる小型回路でRGBピクセル群を構成し、カラー表示を実現する。省電力性にも優れており、QualcommによるとAmazon Kindleなどが採用しているE Ink製電子ペーパーと比べてバッテリー寿命をさらに20%延ばすことが可能なほど、省電力であるという。

 KYOBO eReaderは5.7インチのMirasolディスプレイ(画面解像度は1024×768ドット)を搭載。価格は34.9万ウォン(約2.3万円)で、教保文庫チェーン店舗でも購入可能とのこと。

Copyright 2014 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog