レビュー
» 2011年11月19日 21時30分 UPDATE

動画で比較:Barnes & Nobleの「Nook Tablet」と「Nook Color」を比較

Barnes & Nobleの最新タブレット「Nook Tablet」と従来モデルの「Nook Color」を動画で比較。外観はほとんど変わらない両製品はどんな違いがあるのでしょうか。

[Peter Carotenuto,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigbl2.jpg 左が「Nook Tablet」、右が「Nook Color」です

 Good e-Readerの比較動画コーナーへようこそ。今回は、Barnes & Nobleの最新タブレット「Nook Tablet」と従来モデルの「Nook Color」を比較します。最新モデルへの買い換えを考えているあなたに有用な情報をお届けします。

 今月発売が開始されたNook Tabletをハードウェア的に見ると、CPUがTI OMAP4(1GHz)、1Gバイトのメモリ、6Gバイトの内蔵ストレージといったように、Nook Colorから順当にスペックアップしています。大きく変化したのは、ユーザーインタフェース全般と、各種メニューを呼び出すボタン、いわゆるホームボタンに当たるNボタンを押したときの挙動です。全体的に操作性が大きく改善されており、ストアやコンテンツの配置も、ユーザーにとってより効果的な形になるよう並び替えられています。今では199ドルに値下げされたNook Colorの当初の価格と同じ249ドルで提供されるNook Tabletは、実質的な後継モデルといってもよいかもしれません。

 以下の動画では、15分ほどかけて2つのデバイスをさまざまな視点から比較し、それぞれどういった特徴を持っているのかを紹介していきます。


Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる